とりあえずブログ

SEとして働く会社員の雑多なブログ

楽天証券のお気に入り登録を自動化した話

四季報』でスクリーニングした銘柄がたくさんあって、楽天証券のお気に入り銘柄に登録するのがめんどくさかったので、やっつけで自動化ツールを作成しました。笑

誰かが既に作っているだろうと思って、いろいろ探して見たのですが、見当たらなかったので、自分で作りました。

会社四季報 2018年1集 新春号

会社四季報 2018年1集 新春号

 

 

selenium-webdriverの導入

今回は「selenium-webdriver」というツールを使用してRubyで自動で銘柄を楽天証券に登録するスクリプトを作成しました。

selenium-webdriver」の導入方法は下記サイトを参考にしました。

 

qiita.com

 

morizyun.github.io

 

登録用銘柄コードファイル作成

銘柄コードを記載したテキストファイル(stock_list.txt)を用意します。

下記はその例です。

f:id:tkm03:20171212232814p:plain

スクリプト編集

僕が作成したクソスクリプト(ゴリゴリのif文。。。笑)のユーザーID、パスワード、あとはスクリーンショットのパスの箇所を自分用にカスタマイズします。

全然関数とか利用していないので、超長いです。。。

(とりあえず、動けばいいやという考えで、1時間くらいで作成したので、ご了承ください。。。m(_ _)m 後々リファクタリングします。。。)

github.com

スクリプト実行

上記で作成した登録用銘柄コードファイル(stock_list.txt)と同じディレクトリにスクリプトを配置し、スクリプトを実行すると自動で銘柄登録が始まります。

個人的には400銘柄くらいの登録が1コマンドでポチッと実行できるので、だいぶ満足しています。

 

今後の改善点
  • まずソースコードが汚いので、リファクタリングしたい(需要があれば、現状自分ひとりで使う分には問題ないので、やらないかも笑)
  • 存在しない銘柄コードがあると止まる(今のところ、存在しない銘柄コードをテキストファイルから削除して、再実行すれば問題ないので、やらないかも笑)
  • コメントが少なく、何をやっているのか分からない

 

今回「selenium-webdriver」を利用してスクリプトを作成してみましたが、Web操作なら色々できて、今回みたいに大量の処理をやりたいときには役立ちそうでした。