とりあえずブログ

SEとして働く会社員の雑多なブログ

「#MeToo」についての僕の見解

f:id:tkm03:20171220124755j:plain

 

世の中ではMeTooが話題になっていますが、僕の中ではこれでセクハラやパワハラが社会から無くなれば、いいことだと思うんですが、やり方としてはどうなんだろうと思っています。

 

セクハラやパワハラの被害者の方が、SNSを利用して、自分もそんな経験もあると主張して、広まることで、社会的にセクハラやパワハラに対する意識が強まればよいことだと思いますが、実名まで挙げてSNSで広めるのは、どうなんだろうと思っています。

 

たしかにセクハラやパワハラをすることは悪いことだと思いますが、だからと言って実名で広めてしまうと、その方の名誉を毀損してしまったり、社会的にも排除されてしまうので、本来であれば正式な手続きを行って、社会的な責任を求めるというのが筋なんじゃないかなと思っています。

 

例えば、
・被害届を提出する
民事訴訟を起こす
・加害者が会社員であれば、その会社の総務に相談する
など

 

これはあくまでも理想なので、現状セクハラやパワハラに対する社会的な制度や法律がうまく回っておらず、被害者の方がいつまで経っても、苦しいままでいるという状況が続いているから、今回のような動きになったのかなと思っています。

 

セクハラに関して言えば、女性が被害者になることが多いかと思いますが、僕的には男性も今後被害者になっていくことが増えるんじゃないかなと思っています。LGBTが社会的に浸透しつつある中で、男なんだから〜とか男の子はこうあるべきみたいな考え方が通用しなくなっていると思います。


僕の例で言うと、自分の肌にコンプレックスがあったり、ニキビができやすいので、かなり美容に気をつかっているんですけど、男なんだからそこまでしなくていいよみたいな考え方を持っている方がたまにいらっしゃいます。

こんな方は今後の社会では特に注意が必要なんじゃないかなと思っています。こういう人は、性別に対する意識が鈍感で、意識を変えること自体が難しいんじゃないかなと思いますが。。。

 

逆も同じで、女だから〜とか女の子はこうあるべきみたいな考え方の行き過ぎた行動が、セクハラになり今回のような騒動になったのだと思っています。

 

今後の社会では性別だけでなく、年齢や宗教など、いろんな観点で物事をよりフラットに考え、誰に対しても平等に接することができる人がうまくやっていけるんじゃないかなと思っています。


逆にこれまで一般的だった考え方に固執し、意識を変えれない人はいつでも加害者になってしまう可能性があると思うので、僕としては何事に対してもフラットな考え方を持つことを意識して今後生きていこうと思います。