とりあえずブログ

SEとして働く会社員の雑多なブログ

借金玉さんが教えてくれた「あえて休日に何もしないと決め込む」考え

f:id:tkm03:20180715191035p:plain

暑さのせいかW杯で睡眠時間が不規則になっているせいか、休日は昼過ぎまで寝てしまうことが多く、起きてからも何もやる気が起きないことが多いです。

(でも、W杯あるときはかなりワクワクして過ごしているので、精神的には健康だと思っています。笑)

ただ、さすがにこの状態はよろしくないと思っていたら、東洋経済さんの記事が目に留まり、「これだ!」と思ったので、紹介します。

toyokeizai.net

この記事をまとめると、

  • 休日に何もやる気が起きないのはうつ状態の入り口
  • 運動は無理にすると時に逆効果になる
  • 休日に何もやる気が起きないときは、逆に何もしないと決め込む
  • とにかく色んな方法でリラックスする
  • 外こもり(ビジネスホテルでだらだらする)がおすすめ
  • 暇だと感じ始めたら回復してきた証拠

こんな感じです。

というわけで、ここ最近は休日は特に無理せず、家でだらだらするということを敢えて決めて、実践しているのですが、やり始めてみると実際プレッシャーから解き放たれて、心が軽くなる気がしてきます。

あえて何もしないと決め込むことで、色々な活動はストップしてしまいますが、それ以上に得られる精神的なメリットは大きいと感じました。

この考えを僕に教えてくれた借金玉さんの本も読んでみようと思います。

金玉さんのブログです。 syakkin-dama.hatenablog.com

日本代表vsベルギー代表の試合を海外メディアはどう報道しているか

悔しいという言葉では表せないくらい、日本対ベルギー戦は白熱した試合でした。

そんな試合を海外メディアはどう報道しているのかまとめたいと思います。

Agencia EFE

www.efe.com

3-2. Nacer Chadli aferra a Bélgica al Mundial
(3-2. ナセル・シャドリ 世界に向けてベルギーを導く)

Agencia EFEでは最後のゴールを決めたナセルさんを大きく取り上げています。

sky sports

www.skysports.com

Belgium 3-2 Japan: Nacer Chadli seals dramatic comeback win
(ベルギー 3-2 日本: ナセル・シャドリが劇的な復帰勝利を飾る)

sky sportsでも怪我を繰り返していたナセルさんが今回のW杯で初得点で、しかも劇的なゴールを飾ったことを大きく取り上げています。

レーティング情報はこんな感じです。

f:id:tkm03:20180719203229p:plain

吉田さん、乾さんが8と高く評価されています。

それ以外の選手も7点の選手が多く、日本選手が高く評価されています。

The New York Times

www.nytimes.com

World Cup 2018: Belgium‘s Last-Minute Goal Shocks Japan
(W杯2018: ベルギーのギリギリのゴールは日本に衝撃を与える)

The New York Timesでは日本代表の進め方、しつこいディフェンスを評価しています。

For a moment, it looked to be the greatest game in Japanese soccer history. Up 2-0 against Belgium, Japan was looking at a first ever trip to the World Cup quarterfinals.

Belgium dominated the first half, but was frustrated time and again by Japan’s pesky defense, which always seemed to be in the right place to clear a pass or block a shot.

REUTERS

uk.reuters.com

Belgium snatch 3-2 win over Japan to set up Brazil clash
(ベルギーはブラジルとの試合に向け日本を3-2で下す)

ロイターでは川島さんの後半の2度のセーブを称賛しています。

Belgium continued to push forward and both Chadli and Lukaku forced Japan keeper Eiji Kawashima into a couple of spectacular saves with powerful headers four minutes from full time.

ロイターでは、ベルギーのロベルト監督の言葉を紹介していて、ベルギーにとっても厳しい試合だったと表現しています。

“That’s what happens in the World Cup. It was a test of character and a test of the team. It tells you everything about this group of players,” said Belgium coach Roberto Martinez.
(それはW杯ではよく起こることだ。それは個人のテストであり、チームのテストだった。)

今の段階では、海外はベルギーの3点目の劇的ゴールを大きく取り上げている印象でした。

ただ、日本も2点を先制して、FIFAランク3位のベルギーに対し、健闘したと思っています。

それでも負けは負けで、日本国民としてはやっぱり勝ってほしいわけで、そういう意味で4年後のカタールでのワールドカップに向け、日本サッカー協会には戦略的な選手の育成を期待します。

いつか日本代表がワールドカップで優勝できることを願っています。

関連記事です。

saito.hatenadiary.com

saito.hatenadiary.com

saito.hatenadiary.com

日本代表vsポーランド代表の試合を海外メディアはどう報道しているか

昨日行われたポーランド戦はなんとも言えない試合でしたねー。

日本は大幅にメンバーを変え、前半はポーランドを押していた印象でしたが、後半にセットプレーから得点を決められてしまい、その後は裏で行われているコロンビアvsセネガルの試合の様子を伺い、後ろでボールを回すだけという面白くない試合となってしまいました。

日本代表としては決勝トーナメントが決まって結果的には良かったと思いますが、コロンビアとセネガルの試合状況によっては敗退もあり得た訳で、なんとか自力で最低でも引き分けに持ち込んでほしかったところです。

そんななんとも微妙な試合を海外メディアはどう評価しているのでしょうか。

sky sports

www.skysports.com

Japan 0-1 Poland: Japan squeeze into World Cup last 16 despite defeat
(日本 0-1 ポーランド: 日本は敗北にもかかわらずベスト16を掴む)

sky sportsで毎試合提示しているレーティング情報はこんな感じでした。

f:id:tkm03:20180629024853p:plain

The game dwindled in the final 10 minutes with neither side pushing for another goal as they knocked the ball between their own players when in possession with no defensive pressing or attacking moves. There were a nervous few minutes after the full-time whistle for Japan, but their qualification was eventually confirmed.
(最後の10分間試合は両サイド共にゴールを狙わず勢いがなくなった。ホイッスルが鳴った後日本にとって緊張の数分があったが、彼らの決勝トーナメントの出場が最終的に確定された。)

The New York Times

www.nytimes.com

Japan Advances in World Cup 2018 Despite Losing to Poland
(日本はポーランドに負けたにもかかわらず、W杯2018で前進)

The New York Timesでは、ポーランドのゴールシーンを大きく取り上げていました。

The New York Timesでは今回の試合を"It was a strange ending to a World Cup game.(W杯の試合の奇妙な終わり方だった)"と表現しています。

Knowing the situation, Japan spent the last few minutes calmly passing the ball around. With the game won, Poland was happy to do the same. It was a strange ending to a World Cup game. It was also a bit risky for Japan: Had Senegal scored in the dying moments, Japan would have been out.

セネガルが得点していたら、日本は終わっていたとも表現していて、ほんとその通りだよと思います。

微妙な試合だったからか、Agencia EFEやREUTERSでは試合直後の記事は見当たりませんでした。

やっぱり記事にしづらいですよね。

どちらかと言うと、コロンビアとセネガルの試合の記事が多かったように見受けられました。

これでグループリーグが終わったので、これまでの日本選手成績をsky sportsのレーティングを元にグラフにしてみました。

f:id:tkm03:20180629034135p:plain

f:id:tkm03:20180629032544p:plain

グループリーグの3試合の合計で酒井宏樹、吉田、乾の評価が高いです。次いで、長友、柴崎が19と高いです。

この辺りの選手が決勝トーナメントでも活躍してくれることを期待します。

ただ、コロンビア線、セネガル戦、ポーランド戦という時系列でレーティングを見てみると調子を上げてきている選手はあまりいません。

f:id:tkm03:20180629033753p:plain

唯一柴崎がコンスタントな調子で良い状態と言えます。

今後、決勝トーナメントでは柴崎選手が中心となりつつも、チーム全員でバランスよく戦うことが重要じゃないかなと思っています。

関連記事です。

saito.hatenadiary.com

saito.hatenadiary.com

日本代表vsセネガル代表の試合を海外メディアはどう報道しているか

遅くなりましたが、一昨日のセネガル戦について書きます。

引き分けに終わってしまいましたが、個人的には勝たなければいけない試合だったと感じています。

失点に関しても、1点目は複数のミスが重なって失点してしまいましたし、シュートに関しても2点くらい日本代表の決定的なシーンがあったので、勝ちきってほしい印象でした。

この試合について海外ではどう報道されているかコロンビア戦に続きまとめたいと思います。

saito.hatenadiary.com

Agencia EFE

www.efe.com

Japan and Senegal tie 2-2 in beautiful match, keep knockout round hopes alive
(日本とセネガルは美しい試合の中2−2の引き分け、最終ゲームに望みをかける)

Agencia EFEは日本がより支配的で多くのチャンスを得たと評価しています。

The Japanese side was more dominant and had more chances in their second match of the tournament, but the Senegalese gave a lesson in effectiveness.

Agencia EFEはセネガルのシセ監督のインタビュー記事も書いています。

www.efe.com

この記事の中で、シセ監督がセネガル代表のマネを称賛していて、次のコロンビア戦でも重要な存在になってくると思います。

sky sports

www.skysports.com

Japan 2-2 Senegal: Keisuke Honda rescues point for Japan
(日本 2-2 セネガル: 本田圭佑が日本のために点を奪う)

sky sportsではまず本田さんを称賛しています。

と同時に1点目の日本の失点を川島さんのミスと指摘しています。 たしかにあれは、ミスだよなーと思います。

In a game of goalkeeping errors, Senegal took an early lead when Eiji Kawashima turned Youssouf Sabaly's shot into the body of Sadio Mane for a goal he knew little about after 11 minutes.

sky sportsでは毎試合選手のレーティングを示してくれるので、おもしろいです。

f:id:tkm03:20180626211928p:plain

sky sportsでのMoMは綺麗なゴールを決めた乾さんです。 1点目の華麗なゴールと2点目のアシストが大きなポイントになったと評価しています。

Eibar winger Inui was brilliant for Japan and perhaps unlucky not to get a second goal on the night, but grabbing one, plus an assist for the second, was a fine return from a committed performance.

吉田さんも7と高得点ですが、川島さんと香川さんが5と低いです。

たしかに香川さんもあまりチャンスがなかった気がします。。。

The New York Times

www.nytimes.com

Japan and Senegal Control World Cup Fates After Draw
(日本とセネガルはドローの後もW杯の運命をコントロール

The New York Timesでは、試合結果に加え、その後に行われるコロンビア対ポーランドの試合にも触れ、いずれの結果になったとしても、両チームは自力での決勝トーナメントに行ける可能性が残ったと紹介しています。

西野監督が試合前に「5センチ高くしろ、5キロ太れ」と選手たちに冗談を言ったことを紹介し、おもしろいです。

Japan Coach Akira Nishino joked before the game that he had instructed his players to “grow 5 centimeters and gain 5 kilograms” ahead of this clash, a nod to Senegal’s physical advantage in the matchup. The opening minutes proved him prophetic.

REUTERS

uk.reuters.com

Honda salvages 2-2 draw for Japan against Senegal with late strike
(本田は遅めのシュートで日本を救う)

ロイターでは本田をかなり評価している様子です。

また、マネさんの悔しそうなコメントを紹介していて、とても興味深いです。

“We’re a bit disappointed... there was a way to win this match,” added Mane, who failed to exert his influence despite scoring. “We started well, we created a lot of opportunities, we were quite dangerous... we now have a decisive match to qualify next week.”
(「我々は少々失望している。この試合に勝つことができた。」と得点を決めたにも関わらず影響を発揮できなかったマネ選手は加える。「我々はよくスタートした。多くのチャンスを作った。とても危険だった・・・。来週に向けて決定的な試合がある。」)

全体的に得点を決めた乾さんや本田さんを評価しているようでした。

海外目線で日本のことを知るのは面白いので、今後も引き続き海外メディアの内容はご紹介したいと思います。

ポーランド戦では勝って決勝トーナメント進出を決めて欲しいです!

日本代表vsコロンビア代表の試合を海外メディアはどう報道しているか

昨日のコロンビア戦で日本代表が勝利して、勝ち点3を取ってとても嬉しいです。

代表選手達も最後まで気を抜かず、引き締まっていた試合だったかなと思います。

今日以降、日本のメディアでは様々な評価がされると思いますが、世界のメディアでは日本対コロンビア戦をどう見ているのか気になったので、調べてみました。

Agencia EFE

Agencia EFEはスペインの通信社で、サッカーの報道をよくしているのですが、コロンビア戦も終了後すぐに記事を掲載していました。

Japan puts damper on Colombia's high hopes for World Cup debut with 1-2 win (日本が1-2でコロンビアのW杯の初戦をくじいた。)

www.efe.com

記事では、香川さんと大迫さんのゴールが紹介されています。

sky sports

sky sportsはイギリスのスポーツ専門チャンネルですが、こちらでも試合後すぐに取り上げられていました。

Yuya Osako header seals emotional opening win
大迫勇也のヘッドが感動的な勝利を決める)

www.skysports.com

ここでも大きく大迫のヘッドが取り上げられています。 面白いのが、途中出場したハメス・ロドリゲスのPlayer ratingsが低い値の5になっているのが、特徴的でした。

f:id:tkm03:20180620010550p:plain

sky sportsでは、大阪での地震がある中の試合と記載されていて、日本の事情をよく知っているなと感じました。

The New York Times

ニューヨークタイムズはもうご存知ですね。

こちらでも試合後すぐに記事がアップされていました。

Japan’s World Cup Starts With a Wild Win Over Colombia
(日本のワールドカップはコロンビアに対する荒々しい勝利で始まる)

www.nytimes.com

ニューヨークタイムズでは時系列で詳しく試合内容を紹介していました。 また、今回の勝利はグループにとっても大きなものとなると評価しています。

REUTERS

ロイターさんも有名ですね。

こちらでも試合後すぐに取り上げられていました。

uk.reuters.com

Japan sink 10-man Colombia in historic win for Asia
(日本はアジアにとって歴史的な勝利に向けて10人のコロンビアを下す)
訳むずい。。。

ロイターでは、今回の日本の勝利を歴史的な勝利と高く評価していますが、面白いのはコロンビア代表の監督のコメントを紹介しているところが特徴的でした。

“Without doubt we were expecting something different, we were hoping to start with a victory,” Pekerman said. “It’s unfortunate for the people of Colombia who came here with high hopes. This is obviously going to leave us with a bitter memory.”
(間違いなく、私たちは違うことを期待していた。私たちは勝利で始めることを望んでいた。大きな期待を持ってここに来たコロンビアの人々にとっては不運だった。今回の試合は間違いなく私たちに苦い記憶を残すだろう。)

とても悔しそうですね。

今回いろんな海外メディアの試合内容の紹介を見てみましたが、それぞれ意外と個性があっておもしろいので、今後の試合でもチェックしたいと思います。 訳に間違いがございましたら、ご指摘ください。

なんとなくニューヨークタイムズが一番クセが強いです。笑

関連記事です。

saito.hatenadiary.com

Hello, Peppa!という謎のアクセス

何気なくGlastopfのログを見ていると、いつもとは違った変なアクセスがありました。

同じ時刻に同じIPアドレスから6件アクセスが来ているので、何らかのスクリプト脆弱性がないか探索しているものと推測できます。

アクセス①

POST /wuwu11.php HTTP/1.1
Connection: Close
Content-Length: 23
Content-Type: application/x-www-form-urlencoded
Host: XXX.XXX.XXX.XXX:80
User-Agent: Mozilla/5.0

h=die('Hello, Peppa!');

アクセス②

POST /xw.php HTTP/1.1
Connection: Close
Content-Length: 23
Content-Type: application/x-www-form-urlencoded
Host: XXX.XXX.XXX.XXX:80
User-Agent: Mozilla/5.0

h=die('Hello, Peppa!');

アクセス③

POST /xx.php HTTP/1.1
Connection: Close
Content-Length: 25
Content-Type: application/x-www-form-urlencoded
Host: XXX.XXX.XXX.XXX:80
User-Agent: Mozilla/5.0

axa=die('Hello, Peppa!');

アクセス④

POST /s.php HTTP/1.1
Connection: Close
Content-Length: 26
Content-Type: application/x-www-form-urlencoded
Host: XXX.XXX.XXX.XXX:80
User-Agent: Mozilla/5.0

leng=die('Hello, Peppa!');

アクセエス

POST /w.php HTTP/1.1
Connection: Close
Content-Length: 26
Content-Type: application/x-www-form-urlencoded
Host: XXX.XXX.XXX.XXX:80
User-Agent: Mozilla/5.0

leng=die('Hello, Peppa!');

アクセス⑥

POST /sheep.php HTTP/1.1
Connection: Close
Content-Length: 22
Content-Type: application/x-www-form-urlencoded
Host: XXX.XXX.XXX.XXX:80
User-Agent: Mozilla/5.0

m=die('Hello, Peppa!')

アクセスしている下記6つのファイルをネットで検索してみましたが、これといって有益な情報は出て来ませんでした。。。

Body部分に含まれているキーワードの「Hello, Peppa!」でも調べてみましたが、イギリスの豚のキャラクターしか出てこなかったです。笑


Peppa Pig Full Episodes | LIVE Peppa Pig 2018 #144

かわいい。。。

まだアクセスログもそんなに多くないので、今後このアクセスが増えてくれば、もう少し情報が出てくると思います。

知っている方がいらっしゃいましたら、教えてください。

紀州のドン・ファン野崎幸助の事件をウォッチしていく

先日紀州ドン・ファンの野崎幸助が亡くなって、ファンの一人としてとても悲しいのですが、事件性があるので、この記事ではそれをウォッチしていきたいと思います。

情報源は主にネットニュースです。

随時新しい情報が入れば、更新していきます。

2018/5/24(木)

野崎幸助さん(77)自宅で死亡。 6月上旬あたりから遺体から覚せい剤反応が出たとニュースになる。

急死“ドン・ファン”ビールに覚醒剤混入か|日テレNEWS24

2018/6/7(木)

警察が野崎さんの愛犬の死因調査を開始する。 野崎さんの死因となった覚せい剤の反応が同じく愛犬から検出されるかどうか調査しているとのことだが、まだ結果が出ていない模様。

“紀州のドン・ファン”不審死、愛犬は鑑定できる状態 TBS NEWS

紀州のドン・ファン怪死 愛犬イブから覚せい剤反応か いよいよ殺人事件へ (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

随時更新します。